デリケートゾーンのニオイの原因は

デリケートゾーンのニオイが気になっている、という女性は多いです。また、男性も女性のデリケートゾーンのニオイが気にしている、という人が半数以上いることをご存知でしょうか。そして男性の8割以上の人が、そのニオイについて女性に言えない、と回答しているというデータがあります。

気になっているけれども、指摘しにくい件なのです。デリケートゾーンのニオイの原因にはいくつかありますが、常に下着に覆われていて蒸れやすく、雑菌が繁殖しやすいのがその一つです。また通常膣内には乳酸を生み出す善玉菌が存在し、外部からの細菌感染を防いでくれ、おりものが体の外に出ます。正常なおりものは、すぐにはにおわないのですが、おりものと雑菌が反応して酸っぱいにおいになることがあります。

おりものの量は20代がピークなのですが、多すぎると不快感や蒸れなどが起こり、肌トラブルに発展することもあります。また、わきが体質の人は、デリケートゾーンも同じ症状になる、すそわきがである確率が高く、その場合、わきがのような強烈なにおいを発生させます。

入浴時には、デリケートゾーンの汚れや雑菌をすっきり洗い流して、清潔に保つようにすることが大切です。ただし、膣炎によるおりものは悪臭を放ちますが、この場合は病院を受診する必要があります。

デリケートゾーン専用のソープでケア

そんなデリケートゾーンのニオイの悩みは、専用のソープでケアをしましょう。デリケートゾーンを清潔に保つことは大事なのですが、嫌なニオイがするからといって、ごしごしと洗ったり、洗浄力の強いソープで洗ってしまうと、肌に刺激が強すぎて、良い菌まで洗い流してしまうことになります。

そうすると、肌の自浄作用がうまく働かなくなり、逆効果となってしまうことがあります。おすすめの商品は、ジャムウハーバルソープです。この商品は、固形石鹸ですが、泡立てて、気になる部分に3分間パックして洗い流すと、ニオイの元がさっぱりします。また、デリケートゾーンの黒ずみを改善する効果も期待できます。

ジャムウハーバルソープを使用することによって、肌のバランスを整え、体を健やかに維持しながら清潔に保つことができるのです。インドネシアに昔から伝わる独自のブレンド方法によって開発されていますが、アロエやオタネニンジンといった日本人女性を意識した植物も配合しています。

保存料や安定剤などは一切使用しておらず、成分が気になる人でも毎日使用することができます。気になるデリケートゾーンのニオイの悩みが解消されれば、男性に対しても積極的になれます。

参考サイトはこちら⇒ ジャムウハーバルソープ